読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望?なにそれ?美味しいの?

うつ病→双極性障害II型になった自分が社会復帰までの軌跡を綴ろうと思います。

人を「感動」させることの難しさ

雑感
人生が必ずうまくいく「感動脳」の秘密

人生が必ずうまくいく「感動脳」の秘密

 

 

オリンピック報道の綺麗な手のひら返しを見て

勝手に「金メダル確実だー」なんて報道しておいて、メダル取れなかったら「○○選手、メダル届かず」とか1行コメントしている報道の皆様が大っ嫌いなんですが。

オリンピック代表選手はどれだけの人を感動させたんでしょうね?

中には「メダルを取れなくて申し訳ない」とかおっしゃってる選手もいますが、こちらから言えば「感動をありがとう」って逆に言いたいです。

 

さて、あなたは人を「感動」させられますか?

 

身近な人でもいいです、旦那さん、奥さん、恋人、兄弟、両親、祖父母、友達等…

100%「感動」させられる自信はありますか?

 

自分は出来ません。100%感動させることなんて平々凡々の一人間ですから

趣味でギターを弾いてますけど、時々…

「弾き語りすごいですね、感動しました」

なんて言われて、浮かれちゃうくらいですからね。

 

「感動」は人を喜ばせるだけではなく、自分にもよい効果をもたらすそうです。

例えば、健康。より「感動」させるまたは「感動」した人は健康なんだとか。

 

「感動」させることの難しさ。サプライズを仕掛けて、「感動」させるとかそういう方法もあるでしょう。

でも、「今、目の前の人を感動させてください」なんて街頭インタビューがあった場合、いったい何人の人が「感動」させられるのでしょうか?

 

「感動」文字にすれば立った2文字の言葉ですが、実際に味わうには何万文字もの本を読んだり、何時間物の映画を観たり、好きなアーティストのライブに行ったり

人それぞれだと思います。

 

でも、人を「感動」させてみたい。

人を「感動」させてみようよ。

 

人は感動するたびに健康になる (世界有数の心臓外科医が明かす人体の摂理)

人は感動するたびに健康になる (世界有数の心臓外科医が明かす人体の摂理)

 

 

広告

-----------------------------

 

現状です、よかったらお読みください

経験談といいますが、現状です。 - 絶望?なにそれ?美味しいの?

 

人生、楽しまなきゃ、ソンソン~♪

http://cloyoe.blogspot.com/

 

↓↓↓↓参加しています↓↓↓↓

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

↑ポチッとお願いします<(_ _)>↑