絶望?なにそれ?美味しいの?

うつ病→双極性障害II型になった自分が社会復帰までの軌跡を綴ろうと思います。

15年間の軌跡。

16年前の5月、hideが逝った。

これからというときなのに、hideという人を失った当時高校生だったオレは

ある人のファンになる。

 

それが声優・椎名へきるだった。

当時、この人も悩んでいて声優としてかアーティストとしてか

自分を置く所がどこだか模索していたときで

すごくかっこよく思っちゃったんだよね。

 

結局、アーティストとして構えて活動していたんだけど

食えないから声優に戻ってきた。

出戻りと評されるこの人に、なぜに15年も付き合ってるかといいますと

 

生き様なんですよ

歌でロックは歌えないから、生き様ではロックに生きてやろうと

そういう思いがびしびし伝わってくるんですね。

この人、突発性難聴で耳をぶっ壊したのですが

そのときもライブの直前までだまし続けて、やろうとした人だったりするんです

無駄にかっこいいでしょ?(笑)

 

飽き性のオレがようこんなヤツに15年も付き合ってるなーと

その理由は、やっぱりかっこいいからだと思うんです。

 

基本的にはもうライブも自分から自発的には行かないし

CDなんか買っちゃいないけど、気になる人

 

例えるなら遠い昔に別れた恋人のような存在。

あー、なに言ってんだろ、このバカはw

 

あっ、人の『大丈夫』を信用しなくなったのも

この人のせいですwww