絶望?なにそれ?美味しいの?

うつ病→双極性障害II型になった自分が社会復帰までの軌跡を綴ろうと思います。

気楽なさとり方

題名だけで惹かれて買ってしまった本です。

気楽なさとり方気楽なさとり方
(1997/01)
宝彩 有菜

商品詳細を見る

他の方が書いているレビューも読んでみたんですけど
この牛の絵はの取り組み方をあらわしているんだそうです。

とか興味がなかったし、堅苦しいことだと思っていたのですが
この本を読んで、なんだか誰にでもできそうな気持ちになりました。

中でも
「『尊敬されたい』の反対は『尊敬する』」
「『お金がほしい』の反対は『お金をあげる』」
「『愛されたい』の反対は『愛する』」
と、欲の消し方のところは強い感銘を受けました。

人気ブログランキングに参加しています。クリックお願いしますっ!
人気ブログランキングへ

おすすめの本
すばらしき母親の物語
マジック・ストーリー
だれか、ふつうを教えてくれ! (よりみちパン!セ)
図解 「読書のすすめ」店長が語った「強運をよぶ本屋さん」の成功法則実践ノート (East Press Business)
不合理で動く人間心理を知らなければなぜアレが売れるのかはわかりませんよ
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
秘密の本 新版ホワンの物語
君と会えたから・・・
とにかく、やってみなはれ
八朔の雪 みをつくし料理帖