絶望?なにそれ?美味しいの?

うつ病→双極性障害II型になった自分が社会復帰までの軌跡を綴ろうと思います。

モチ論―Motivation (HS/エイチエス)

「モテ論」ではなく、「モチ論」です。 モチベーション論の略でございます。このモチベーション、オレは社会人として働き始めてから アコギをはじめました、今も続いていますが 続いている理由としてはこの「モチ論」にあると思うのです。モチベーションは事…

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」

最近、本屋に行くと「プラス思考になるためには」なんていう本が ズラーっと並んでおりますが、本当の「プラス思考」になるための本はあまりないようです。そんな「プラス思考」業界に脳の仕組みから働きかけようという 当時は「マインドコントロール」とい…

教え上手

最近、後輩を教えていて良くわからなくなってきたので タイトルを見て、タイトル買いをしてみました。教えるということは「?」を育てていくこと 「?」を育てるには、やはり素直な気持ちが無いとダメなんですね。子どもを育てるにも部下を育てるにも 「叱る…

のはなしさん

tu-ka時代のメルマガをプレスして 単行本化をした「のはなし」の発売からはや4年。「のはなし」シリーズの3巻目、「のはなしさん」が発売になりました。 もう、目押し買いですよ(笑)既作はもちろんのこと、新作が3本収録されているということなので 楽…

チーズはどこへ消えた?

先ほど、サーバーの設定をしてて その間に読み終えた本。というか、会社に眠っているのを発掘して 暇があったら読もうととっておいた本です。超有名作ですが、まだ手を出したことが無かったので やたら難しい本なのかなと思っていたら老若男女すべての人が読…

世界を変えた人が、子どもだったころのお話

世界に名前が知れている偉人たちの子どもの頃のお話です。 偉人の子どもの頃のお話なんて、伝記を読めば詳しく書かれているとは思いますが その伝記100冊分くらいが、この本には書かれています。子どもに読み聞かせるスタンスをとっている本なので 大人には…

人生二度なし―悔いなく生きるために (Chi Chi・Select)

昭和30年代、高度経済成長期の真っ只中に 職業訓練所等で公演なさっていた森さんの口語録的な本です。人生観から「人生二度なし」を掲げています。 読んでいると、最初ツラくなります。 ちょっと硬いといいますか、読みづらいのです。でも、読んでいくうちに…

捨てちゃえ、捨てちゃえ

現在人は常識といいますか 世間体にとらわれすぎなんじゃないかというのを投げかけている本です。常識を捨てるのではなく、世間体を捨てていこうと 無神論者っぽいのですが、すべてにおいて仏教を元に話がすすんでいってました。「苦しいときの神頼み」とい…

ダメダメ人間 それでも走りつづけた半世紀 (ダ・ヴィンチブックス)

「ミスターどうでしょう」こと鈴井貴之さんの自叙伝的エッセイです。 前作「ダメ人間」も読ませていただいたのですが。。。本当にこの人は「ナンボ走ったって追いつけねぇわ」って 思わせてしまう、思ってしまう。ミスターはずっとミスターなんだなーと思っ…

高校野球に学ぶ「流れ力」

高校野球のスコアを3000試合以上つけてらっしゃる方の本です。 高校野球は出身校が強豪校だったので、毎年のように全校応援に行っていたのですその高校野球の「流れ」。 「流れ」を分析して、日々のビジネスや生活等に活かせないか という試みで、書き進めら…

「また会いたい人」と言われる話し方―入門江戸しぐさ

話し方の本、その2です。 人前に出て話すの苦手なので。。。って言う人、結構いると思うのです。 私とかは、芸人でもないのに「笑い」を求められたりもするのでwこの本はいまや絶滅と言ってもほとんど過言ではない 「江戸しぐさ」について書かれている本で…

商売はノウハウよりも「人情力」 ―石田梅岩に学ぶ“ちょっとおせっかい”な働き方

江戸川区篠崎にある「読書のすすめ」という本屋さんの清水店長が書かれた本です。 書いてある内容はもちろんのこと、この独特なマンガも好きですし 何よりすらすらと読みやすくっておそらく、繰り返し読みなさいって頭ではわかっているんだけど 1番最初につ…

眼力 (CD付)

一人さんの本がまたまた読みたくなったので 新しいのを買ってみました。一人さん曰く、「同じ本を7回くらい読んでください」とのことなんですが 。。。新しいもの好きなオレを許してください(笑)今の人たちに1番必要だけど、1番持ち合わせていない能力 …

それでも「人と会おうよ」 (新講社ワイド新書)

人が苦手な人ほど、人と会う魅力を知っていて ひとりで遊べる人は人に会えるひとで とにかく雰囲気の悪い人とあってみるのがいいんだそうです。 テリトリーのある人は限界があり テリトリーのない人は可能性が無限に広がっているんだそうです人は死ぬときは…

賢者の書(新装版)

2005年に出たものの新装版だそうです。 ひとりの少年と中年男性が会うところから始まります。 少年は9人の賢者に合うために旅をしている。男性は世の中に疲れ切ってしまい、ひとりになりたくて 故郷の森に来ました。そこでひとつの出会いがありました。物語…

本気で生きよう!なにかが変わる

「電車の中で読んではいけません。」という文句が帯に書いてある本です。 電車の中で読んでいたのですが、なるほどこれはだめだと思いました。いたるところに「クサい」話がちりばめており 涙なしでは読めないような話もたくさんあります。この本はひとりで…

いのちのために、いのちをかけよ

お産をほぼ完全に自然に任せている産婦人科の医師のお話。 たぶん、吉村さんは「産婦人科医師」って書かれるのは望まないと思うけど。女性性について産婦人科の観点から見続けて半世紀という人の本です。 書いてるものをそのまま受け取ってしまうと、ものす…

清水克衛流 一瞬で忘れられない人になる話し方30のコツ (ドリームスキル・クラブ)

「読書のすすめ」という本屋さんの店長さんであります 清水克衛さんの話し方の本です。冒頭、いきなり「話し方の本ですが、話し方のことは一切載っていません」 と断りが入る不思議な本です。自分の個性を武器に、どもりを武器に よく、短所を長所にできる人…

心晴日和

前に紹介した、「君と会えたから・・・」の作者の方が書かれた本。 雰囲気は、そのままに今度は2時代構成になっています。第1部は14歳。中学生で何事にも多感なお年頃。 クラスで仲良くしてた子からいじめを受けている主人公。ある場所で、ある老人に出会っ…

子どもたちに…いにしへのいろはことば―島津日新公いろは歌

いろは歌を知ってる人でも知らない人でも楽しめます。 というか、日本語を深く知りたい人は読んでみてください。現在、「あいうえお」からなる50音を平仮名と呼び 日本古来から使われている言葉として伝わっております以前は、「いろはにほへと」からなる…

最初で最後のラブレター

この本はドクスメで見つけた本です。 まぁ、タイトルだけで昔は敬遠してたと思います(笑)歯医者の待合室で読んでいたのですが。。。 この本は人前で読んだらダメだ、泣きそうになる。 もう、なんていうかねいろんな温かい感情が溢れかえっているの。そんな…

あの世に聞いた、この世の仕組み

この本は著者が実際体験したノンフィクションの話を ブログに掲載していたものをまとめたお話です。読めば読んでいくほど、だんだん胡散臭くなる人と 読めば読むほど、面白くなっちゃってわくわくする人と 完全に分かれる本だと思います。この本は、自我を超…

自分の小さな「箱」から脱出する方法

初めてかもしれない。。。 表紙の色で購入した本です(笑)最近FXの本ばかり読んでいて久々たてだったせいもあって ペースががた落ちでしたが でも楽しく読むことが出来ました。1人の会社員を中心に物語が始まります。 あるセミナーを受けるのですが その…

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門―初心者は1000通貨で安心スタート

FXで大負けしたでおなじみのオレが 勉強するために買った本。よくよく考えてみると、1000通貨10万円というのはレバをかけない 外貨預金の延長上でFXを楽しめってことになる。確かに安全なんだよね、政策金利が高いところを買って ひたすら放置しておけば、毎…

2万円で始めるFX取引で安全・確実に稼ぐ方法―FXロボ倶楽部

FXで大負けしたでおなじみのオレが 勉強するために買った本第6弾です。2万円コンテストというものがあってそれに基づいた本です。 2万円からどうやって資金を増やしていくかということを話されています。 基本はデイトレード、スキャル気味のデイトレードな…

FXチャート自由自在

FXで大負けを食らったでおなじみの 勉強本で買った本でございます。 FXチャート自由自在(2009/10/08)藤ノ井 俊樹盛岩 外四商品詳細を見るチャートを読むことが出来るようになる本です。 ただ、チャートが日足だったり、ちょっと期間が長すぎる感がします。 …

FX 指標スキャルでHAPPYトレード―10万円から始めて3年で2億円稼いだ!

この大相場で笑えるくらいお金を落としてしまったので 本格的に勉強をと思って購入した本です。FX 指標スキャルでHAPPYトレード―10万円から始めて3年で2億円稼いだ!(2010/05/21)HAPPY商品詳細を見る指標スキャルという手法でトレードを行うという本なのです…

FX最終兵器

30分目を離すと50銭〜1円の値動きが当たり前な 今のとても荒れている為替市場に立ち向かうために購入した本FX最終兵器(2010/02/06)兄貴商品詳細を見る俺の求めていたスキャルトレードをやっている方で リーマン・ショックで約3000万円稼いだ人読んでみると、…

超カンタン アメリカ最強のFX理論

今の大混乱の為替市場に挑みFXで大損こいてしまったので 本格的に勉強しようとして購入した2冊目です。超カンタン アメリカ最強のFX理論(2009/12/19)ロブ・ブッカー&ブラッドリー・フリード商品詳細を見るこちらは1日目標額を決めること あと、損切りの額…

FX フツーの主婦でも億万長者になれた理由

FXで手痛く負けまして。。。 このままだと無駄に貯金を削ることになるだろうと思い購入した本。 FX フツーの主婦でも億万長者になれた理由(2009/09/19)池辺 雪子商品詳細を見る右も左もわからない俺にとっては助けてくれる杖になりました。 チャートなんか見…

君に成功を贈る

これもタイトル買いをしてしまった本です。 読みはじめに、ちょっと苦手な本かなーと思っていたのですが君に成功を贈る(2001/12)中村 天風商品詳細を見る読んでいくと、おそらく数多くの自己啓発本の原点がこの本にあるのではないかというくらい 多くの本に…

ヤッさん

なんとなく読み始めた本だったのですが、 本を読んでて痛快すぎて久々笑わせてもらいました。ヤッさん(2009/10)原 宏一商品詳細を見る今の世の中、ニートニートと言われておりますが 逞しく生きているホームレスのお話です。フィクションではあるのですが、…

幸運を呼びこむサイエンス

数日前から、寝る前に読んできた本です。 毎度のことながらタイトル買いでございます。幸運を呼びこむサイエンス(2010/01/21)松田綾子商品詳細を見る最初は量子力学のお勉強です。 ものすげぇ、わかりやすく書いてあるとは思うのですが。 なにぶん寝る前に読…

斎藤一人の道は開ける

ついさっきまで本を読んでいたんですけど。 7度は読んで欲しい本だそうです。斎藤一人の道は開ける(2010/03/16)永松 茂久商品詳細を見る人との出会いは、自分を育てる といいますが、別に人と会わなくても自分は育てられるんだそうです。 その人が書いた本…

ぶれない―骨太に、自分を耕す方法

最近はいろいろ思い巡らせてしまい 軸がだんだんとかすんで来てしまったので、毎度のことながらタイトル買いです。ぶれない―骨太に、自分を耕す方法(2008/08)平山 郁夫商品詳細を見る最初、ぜんぜん意味がわからなくて あまり楽しくない、伝わらない本かな?…

NASAより宇宙に近い町工場

夢がある人、夢をそのまま仕事にしてしまった人 本当にステキな人が書いた本です。NASAより宇宙に近い町工場(2009/11/05)植松 努商品詳細を見るなんか不思議な人だと思いました。 といいますか、コドモなオトナですね。 いい意味でも、悪い意味でも でも、す…

国家の品格 (新潮新書)

日本人は愛国心がないといわれていますが この本はその愛国心をよみがえさせる本です。国家の品格 (新潮新書)(2005/11)藤原 正彦商品詳細を見る「日本人は貧しい、だが高貴だ」 戦時中の在日フランス大使はこう述べたそうです。 他国にはものすごいいい評価…

流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)

終戦〜戦後すぐの母子がたくましく生きていく様が書かれている ノンフィクション小説。流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)(2002/07)藤原 てい商品詳細を見る戦後、戦中の歴史がだんだん書物の中のみになっていく中 こういうリアルな戦争体験の話は…

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

この本は絵本です。 なのですらすら読めますよ。ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)(2008/03/06)アリスン・マギー商品詳細を見るそんなことは誰も聞きたくないと思いますので この絵本のよさは今さっき産まれたわが子に贈る母の愛が描かれて…

催眠恋愛術 ―女心を誘導する禁断のテクニック

酔い任せに買ってしまった本。 ちなみに読んだときも酔っていました。催眠恋愛術 ―女心を誘導する禁断のテクニック(2009/11/13)林 貞年商品詳細を見るん〜、セックスって言葉が出すぎです(笑) もう電車の中で読むのがちょっと恥ずかしくなるくらい。 セッ…

10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気

病院の待合室で読んでしまった本。 いきなり、自慢話ではいる本です(笑) 10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気(2008/11/05)西田 文郎商品詳細を見る感謝をしないやつはどれだけ成功しても、奈落のそこに突き落とされるの時間の問題なんだそうです。 恩人…

斎藤一人 天使の翼 [CD付]

一人さんの本は何冊か持っているのですが お弟子さんの本は初めて買った気がする。斎藤一人 天使の翼 [CD付](2010/02/25)芦川 裕子商品詳細を見る人の人生そのものも変えてしまう一人さんってすごい人だなって思いました。 CDがついているのですが、なんかち…

自分を嫌うな (知的生きかた文庫)

この本もタイトル買いをした本です。 文庫本の新書サイズの本です。自分を嫌うな (知的生きかた文庫)(2000)加藤 諦三商品詳細を見る最初のほうはただひたすら気分が沈んでいく本だと思っていたのですが 逆のこと(自分を好きになる方法)は最後の10ページ…

自助論―人生の師・人生の友・人生の書

「自助論」というタイトルだけで買った いわゆる「タイトル買い」の本。自助論―人生の師・人生の友・人生の書(2003/02)サミュエル スマイルズ商品詳細を見る天は自分のためにがんばっている人にしか助けようとしないんだそうです。 いろんな人を例に挙げて、…

全脳力

今日、耳鼻科の待合室で一気に読んでしまった本です。 最近、「脳」を取り上げた本が多いんです。全脳力(2010/02/12)七田 眞商品詳細を見る左脳は「Do」で右脳は「Be」なんだそうです。 左脳は右脳のブレーキ役なんだそうです。 人の全てが右脳の力を1…

気楽なさとり方

題名だけで惹かれて買ってしまった本です。気楽なさとり方(1997/01)宝彩 有菜商品詳細を見る他の方が書いているレビューも読んでみたんですけど この牛の絵は禅の取り組み方をあらわしているんだそうです。禅とか興味がなかったし、堅苦しいことだと思ってい…

恋の神さまと女性にやさしい神社めぐり

家帰ってきて、さっきまで読んでいたものなのですが。。。恋の神さまと女性にやさしい神社めぐり(2008/09)戎光祥出版編集部商品詳細を見る去年の年末に不思議の人に会ってから 神社の事を詳しく知りたくなって買ったんですけど ちょっとベクトルが違いました…

すばらしき母親の物語―母と子の感動42編

いつものように電車の中で読んでいたら うっかり号泣しそうになりました。すばらしき母親の物語―母と子の感動42編(2009/11)有吉 忠行商品詳細を見る母親と子でつむがれる42の物語。 ひとつひとつにもう現代では希薄になりつつある親子関係というものが 濃…

眠りながら巨富を得る―マーフィーの成功法則実践編

マーフィーの本を久々に読みました。 まぁ、ドクスメを読んでいて、気になったからなんですけどね(笑)眠りながら巨富を得る―マーフィーの成功法則実践編(2008/05/13)ジョセフ マーフィー商品詳細を見るなんていうか、引き寄せの法則が全て当てはまるのであ…

マジック・ストーリー

大昔、アメリカの雑誌に載ったお話を 単行本化したもの。しかも作者は不詳らしい。。。マジック・ストーリー(2004/12)フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ商品詳細を見る昔読んだ、「バンビ公園」に話的には似ている。 どん底に落ちた自分の前に、落ちる…